神奈川県鎌倉市(最寄駅は大船)在住の行政書士の日記


by o-yasumaru

《誰かに聞いてみる》会社設立をざくっとお話 最終回

今日は、また暑さがぶり返してきましたね~。

参りますね~。でも、うちのミニトマトは元気に育っています。

強い子だ、ミニトマト(笑)

さて、今回は「設立したら、まだまだあります。」です。

なんだか、また面倒なことの予告のようなキーワードですね。

今までお話してきたようなことを考え、クリアしながら、様々な書類を収集したり、

作成して、やっと設立の登記になります。

設立の登記を完了すると、ほっと一息、、、。(注)登記は、司法書士さんのお仕事です。

でも、その後にまだまだやらねばならないことがあります。

事業主となると、様々な責任や義務が発生してきます。

その一つとして、「税金」ですね。

会社には、法人税、消費税、法人住民税(都道府県民税と市町村民税)、事業税が

課せられます。

その届け出を税務署にしないといけません。

これらの届け出は、所轄の税務署に一緒に提出すれば、県税事務所や市役所などには、

伝達されます。

さて、やっとこれで、本来事業に専念できるぞーと思い行きや、、、。

まだあるんですね、、、。

もう一つは、社会保険の届け出です。

これは、健康保険や厚生年金で、社会保険事務所に届けることになります。

そして、まだまだ、、、。

今度は労働保険です。

これは、従業員が怪我をしたときに補償する労働災害補償保険(労災保険)と

従業員が失業したときに失業給付が受けられる雇用保険です。

そして、労災保険は労働基準監督署に届け出し、雇用保険は、ハローワークに

届け出るわけです。

これで、届け出は完了です。

事業主になるということは、従業員の生活も担うわけですから、非常に大変な

立場です。

でも、一方で、大変やりがいのある立場でもありますね。

これらの手続きや、届け出をきちんと済ませて、さあ、いざゆかん。です。

というわけで、今回で、「会社設立」について、ざくっとしたお話は終了です。

次のシリーズは、会社の運営に役立つ情報として、補助金関係を予定しております。

ちょっと、ブログアップまで日にちが開いてしまうかも知れませんが、

乞うご期待ください。

Webマガジン「B-plus」にて、インタビューが掲載されました。

f0154245_17484110.jpg

インタビュー記事はこちらをクリック

大森行政書士事務所ホームページへ
[PR]
by o-yasumaru | 2010-08-22 00:11