神奈川県鎌倉市(最寄駅は大船)在住の行政書士の日記


by o-yasumaru

<   2010年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今日は、また暑さがぶり返してきましたね~。

参りますね~。でも、うちのミニトマトは元気に育っています。

強い子だ、ミニトマト(笑)

さて、今回は「設立したら、まだまだあります。」です。

なんだか、また面倒なことの予告のようなキーワードですね。

今までお話してきたようなことを考え、クリアしながら、様々な書類を収集したり、

作成して、やっと設立の登記になります。

設立の登記を完了すると、ほっと一息、、、。(注)登記は、司法書士さんのお仕事です。

でも、その後にまだまだやらねばならないことがあります。

事業主となると、様々な責任や義務が発生してきます。

その一つとして、「税金」ですね。

会社には、法人税、消費税、法人住民税(都道府県民税と市町村民税)、事業税が

課せられます。

その届け出を税務署にしないといけません。

これらの届け出は、所轄の税務署に一緒に提出すれば、県税事務所や市役所などには、

伝達されます。

さて、やっとこれで、本来事業に専念できるぞーと思い行きや、、、。

まだあるんですね、、、。

もう一つは、社会保険の届け出です。

これは、健康保険や厚生年金で、社会保険事務所に届けることになります。

そして、まだまだ、、、。

今度は労働保険です。

これは、従業員が怪我をしたときに補償する労働災害補償保険(労災保険)と

従業員が失業したときに失業給付が受けられる雇用保険です。

そして、労災保険は労働基準監督署に届け出し、雇用保険は、ハローワークに

届け出るわけです。

これで、届け出は完了です。

事業主になるということは、従業員の生活も担うわけですから、非常に大変な

立場です。

でも、一方で、大変やりがいのある立場でもありますね。

これらの手続きや、届け出をきちんと済ませて、さあ、いざゆかん。です。

というわけで、今回で、「会社設立」について、ざくっとしたお話は終了です。

次のシリーズは、会社の運営に役立つ情報として、補助金関係を予定しております。

ちょっと、ブログアップまで日にちが開いてしまうかも知れませんが、

乞うご期待ください。

Webマガジン「B-plus」にて、インタビューが掲載されました。

f0154245_17484110.jpg

インタビュー記事はこちらをクリック

大森行政書士事務所ホームページへ
[PR]
by o-yasumaru | 2010-08-22 00:11
少し涼しくなったような気がしますね。

ちょっと、曇りだからなんでしょうが、、、。

もうしばらく、油断はなりませんね。

さて、今回は「赤字の繰越」です。

これも株式会社設立のメリットだと思います。

この赤字の繰越は、個人事業主でも法人でも、青色申告をすれば、

「赤字が出た場合に、繰り越して、翌年以降の黒字と相殺できる。」

というものです。

例えば、設立初年度は、赤字100万円だったとします。

そして、翌年度は、努力が実って50万円の黒字となったとします。

この場合に、初年度の赤字100万円と翌年度の黒字50万円を相殺し、

その結果、翌年度は赤字が50万円ということになります。

ということは、翌年度は単年度で見ると50万円の黒字でこれが課税所得

になるのですが、初年度から通算で見ると依然として赤字なので、

税金はかからないのです。

そして、この翌年度の赤字50万円は、さらにその翌年度にも繰り越せる。

ということです。

さてさて、ここまでですと、個人事業も法人も変わりないようですが、

繰り越せる期間が、個人事業と法人では違ってきます。

個人事業は、3年間。法人は7年間なのです。

以上でお分かりのように、法人の方がこの点でメリットだと言えるのです。

これを「欠損金の繰越控除」と言います。

では、今回はこの辺で。

Webマガジン「B-plus」にて、インタビューが掲載されました。

f0154245_17484110.jpg

インタビュー記事はこちらをクリック

大森行政書士事務所ホームページへ
[PR]
by o-yasumaru | 2010-08-21 00:24
お立ちよりありがとうございます。

今日は、紫微斗数鑑定(しびとすうかんてい)といって、生年月日時間をもって人生を

鑑定してもらいました~。

結果については、もちろん内緒です。でも、当たってる。ふふふ。

さて、今回は、会社設立のメリットについてのお話です。

個人事業として開業し、事業の規模が大きくなったら

会社(法人)として設立する方もたくさんいらっしゃいます。

ここで気になるのが、会社を設立すると個人事業よりもメリット

があるの?ということですね。

まず、取引先に対しての信用度が高くなるのはなんとなくわかる

気がしますよね。

他にはどういうことがあるのでしょうか?

一つは、税金が安くなることがあるんです。

個人事業でも法人でも所得に対して、当然ながら税金がかかります。

個人事業による儲けには、事業所得としての所得税がかかり、

法人の儲けに対しては、法人税がかかります。

これらは、それぞれ所得金額に対して税率をかけて算出されます。

その税率が、個人事業と法人では違ってくるのです。

個人事業では、所得金額が1,000円~194万9,000円までは5%

195万円~329万9,000円までは10%、330万円~694万9,000円までは20%

695万円~899万9,000円までは23%、900万円~1,799万9,000円までは33%

一番上は、1,800万円以上は40%と6段階の設定があります。

一方、法人では、所得金額が800万円以下は22%、800万円超は30%と2段階の

設定があります。(ただし、資本金1億円超の法人は、すべて30%)

これを見ると、所得金額が低いときは、個人事業の方が税率は低いのですが、

695万円以上になってくると、個人事業は23%で法人は800万円以下の22%と

逆転します。

所得が多くなってくると法人の方が税金面で有利となるのです。

ですので、規模が大きくなってくると法人にするというのも納得です。

では、また。

Webマガジン「B-plus」にて、インタビューが掲載されました。

f0154245_17484110.jpg

インタビュー記事はこちらをクリック

大森行政書士事務所ホームページへ
[PR]
by o-yasumaru | 2010-08-19 23:39
今日は、座った姿勢が悪かったのか、腰が痛いです(苦笑)

さてさて、今回のざくっとお話は「資本金と消費税」です。

資本金は、1円でもOKという話は、以前登場しましたが、

資本金によって、何かが変わるの?という疑問をお持ちの方も

いらっしゃると思います。

ここでは、消費税についてお話します。

我々は、商品や役務提供の対価を払ったりする場合、消費税を

払ってますね。

個人消費者はこれで終了ですが、事業をやっていると、お客さんから

預かった消費税(課税売上分の消費税)から、仕入先などに支払った

消費税(課税仕入分の消費税)を差し引いて、預かった消費税が残って

いれば、それを納付する必要があります。

しかし、事業を始めたばかりの場合は、消費税の納付が免除されることが

あります。

詳細は消費税法を参照いただくとして、ざくっと言ってしまうと、

設立時の資本金が1千万円未満だと設立から2期の消費税は免除されます。

(資本金が1千万円だと免除はされません。)

では、3期目以降はどうなのかというと、売上が1千万円を超える場合は納税、

1千万円以下は免税となります。

消費税を考えると、資本金は1千万円未満にしておくのも手かと思いますね。

ただし、設立初年度に多額の設備投資などを行う場合などは、消費税還付も

考えられますので、課税事業者を選択する方がよい場合もあります。

その他、輸出業なども還付の可能性がありますね。

この場合には、「消費税課税事業者選択届出書」を所轄の税務署に届け出る

必要があります。

このあたりも、専門家と相談しながら、よく考えて戦略的に進めたいですね。

では、また。

Webマガジン「B-plus」にて、インタビューが掲載されました。

f0154245_17484110.jpg

インタビュー記事はこちらをクリック

大森行政書士事務所ホームページへ
[PR]
by o-yasumaru | 2010-08-18 23:29
暑い日々がまだまだ続きそうですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

さて、今回も会社設立について少し。

前回は、「会社は設立しやすくなっている」とお話しました。

では、実際に会社を作るとなると、どういうことが必要に

なってくるのでしょうか?

まず、会社を設立する人は誰なのか?

この人のことを「発起人」といいます。

発起人は、一人でも、複数名でも構いません。

複数名の場合は、発起人の中の代表者として、「発起人総代」を

決めておきます。

発起人になると、その会社の設立時の株式を一株以上引き受け

なければなりません。

この発起人というのは、具体的に何をするのかというと、

・会社の定款を作成する。(定款とは、会社のルールブックのようなものです。)

・募集設立の会社の場合は、株主を募集して、出資金を募る。

というようなことです。

設立の手続きも、この発起人が主となって進めていきます。

では、次に設立の種類について少し触れます。

ここでの会社というのは、株式会社を前提としていますので、

ご了承ください。

株式会社とは、ざくっと言うと株式を発行することによって

資金を集め、その資金を基に事業を行う会社です。

その資金の集め方は、2種類に分類されます。

まず、一つは、「発起設立」です。

これは、先日登場した、「発起人」が設立する会社の株式を

すべて引き受けて出資するものです。

よって発起人だけが株主です。

この方法は、中小規模の会社に適すると思われます。

もう一つは、「募集設立」です。

こちらは、先の「発起設立」とは違い、出資を広く一般に

募る形です。

ですので、こちらは、大きな規模の会社に適すると思われます。

出資を募るわけですから、当然ながら発起設立よりも設立までに

要する時間がかかります。

今回はここまでです。また次回お会いしましょう。


Webマガジン「B-plus」にて、インタビューが掲載されました。

f0154245_17484110.jpg

インタビュー記事はこちらをクリック

大森行政書士事務所ホームページへ
[PR]
by o-yasumaru | 2010-08-18 03:10

横浜中華街の祭り

ご無沙汰です。

昨日、山下町での研修の帰り道で、中華街を通ったところ、

ものすごい人だかりが、、、。

どうやら、祭りのようで、人だかりを回避しようと迂回したものの、

やっぱり、祭りにぶつかってしまいましたが、結局、祭りにハマって

携帯の電池がなくなるまで、写真やムービーを撮りまくってました(笑)

f0154245_17181832.jpg


さすが、中国の祭りです。

龍は欠かせません。太鼓もめちゃめちゃスピーディで迫力ありあり。

そして、中国の祭りといえば、「爆竹」ですね~。

すっごい炸裂してました~(写真は撮れなかったんですが、、、)

f0154245_17211787.jpg


で、こちらのお二人様は、どういう方かはわかりませんが、これは座っている(?)

状態で、この後、すっくと立ち上がるのです。(これまた、スタンディングの

写真は、まともなのがありませんでした、、、)

f0154245_1222924.jpg


さて、こちらは、獅子舞です。

獅子舞といえば、「頭を咬む」で、咬んでもらうといいことがある。ですね~。

早速、沿道の人が咬まれてました~(笑)

f0154245_124199.jpg


あ、あれ?

こっち向いてるぞ? 向かってきてない?

あ、あれ?

f0154245_124342.jpg


ええ~~~~~~~?

この後、頭というか、顔まできっちりと咬まれてしまいました。

ありがたや~、ありがたや~(笑)

ものすごい迫力のある祭りに出くわして、素敵&エキサイティングな

時間を過ごしました~。

中華街のみなさん、ありがとう~~~。
[PR]
by o-yasumaru | 2010-08-05 17:28